就職試験、最後に待ち受けるのが面接試験になります。

転職の際の面接を成功させる

面接試験の時の大事なことは

就職試験、最後に待ち受けるのが面接試験になります。ペーパーテストで、いくら良い点数を取っていても、この面接試験で印象等が悪ければ、簡単に落第となってしまう訳ですから、多くの人は緊張するものでしょう。また、面接する人たちの多くは、顔はにこやかな振りをして、心の底では粗探しをするのではないかと、勘ぐってしまいます。そんなことを考えると表情も堅くなり、印象も悪くなってしまいますから、十分に注意して、面接を受けるようにしましょう。

この面接官は、主にどこを見ているのでしょう。まずは、服装と態度です。部屋に入り、挨拶をして、椅子に座るまで、この一連の流れの様子を観察します。姿勢、言葉使い、足の使い方などから、言葉使いなどで、第一印象が良いのか悪いのかを判断します。第一印象が悪い人は、マイナス点が付き、取り返すには大変になって来る可能性が大きいと考えられます。

質問の中で、自信過剰は嫌われます。自慢話の多い人も、避けられる傾向にあります。だからと言って、自信がなさ過ぎてもいけません。ごく、普通に会話が出来る人が、好まれることになります。面接官が選ぶ中で、最後の一人を決める段階になった時、意外と判定基準に使われるのが、服装です。キチンとしたスーツを着て来ていたのか、だらしのないスーツだった人では、印象度が違います。

Copyright 2021 転職の際の面接を成功させる All Rights Reserved.