就職や転職の面接を受ける場面では必ずと言っていいほど、「自己PRをしてください」「あなたの長所と短所を教えてください」という設問があると思いませんか。

転職の際の面接を成功させる

面接は自分自身を知ってもらうための場所

就職や転職の面接を受ける場面では必ずと言っていいほど、「自己PRをしてください」「あなたの長所と短所を教えてください」という設問があると思いませんか。面接官に自分のことを伝えることは想像以上に大変ですよね。自分の内面のことなのに、一番自分がわかっていない…そんなことも多々あります。ついつい「責任感がある」「まじめ」「協調性がある」「明るい」など、無難な回答をしてしまう方も多いと思います。でも面接官が聞きたいことはもっと具体的なエピソードなのかもしれません。なぜ責任感が強いと思うのか、どんなところがまじめなのか、などその理由も一緒にこたえるとより伝わりやすいのではないでしょうか。

面接は、初めて会う面接官に、限られた時間で自分の魅力をアピールしなければなりません。学歴や資格、職歴などは書類を見てもらえればわかることなので、面接では自分の人柄を伝えることを大切に考えましょう。面接官だって同じ人間です。緊張していつもの自分が出せなくても、目の前にいる人が、誠実に答えているか、ウソをついているか、そのくらいは見抜いています。失敗しても一生懸命に気持ちを伝えようとしている人にはきっと好感を抱くはずです。この人となら一緒に働いて行ける、そんな風に思ってもらえるよう精いっぱい一生懸命伝える姿を見せることが大切だと思います。

Copyright 2021 転職の際の面接を成功させる All Rights Reserved.