面接を受けていると最後の方に担当者から質問はないかどうか尋ねてくる場合があります。

転職の際の面接を成功させる

面接官に対する質問で注意したい部分

面接を受けていると最後の方に担当者から質問はないかどうか尋ねてくる場合があります。質問の有無に関して尋ねられて悩んでしまう者もいたり、質問はないと返答したりする者もいるそうです。しかし、こういった質問は受けているカンパニーに対してどのくらい志望しているかどうかを試している質問ですので、採用されたいのであれば質問をしておいた方が賢明だとされています。

あらかじめ、こういった質問があると想定して質問を考えておくのが勧められます。また一つだけではなく、可能な限りたくさん準備しておくのが良いとされています。数だけではなく内容にも気を付けておくのも重要であり、すでに面接の際に言われている内容、少し調べたらわかるような内容は避けるようにします。言うまでもなく、待遇に関する質問もしないように注意します。

担当者が質問に答えている間、うなずくといったアクションを取るのがマナーです。質問に答えているのに、無反応だと聞いてくれてないのではないかと思われる場合があります。ですから、聞いているというように思われるようにうなずいたり、メモを書いたりするのが望ましいです。担当者からの質問は評価が上がるチャンスでもあるので、こういう場を有効に利用するのが重要です。

Copyright 2021 転職の際の面接を成功させる All Rights Reserved.